産業機器・工場設備

故障かな?

日常点検は毎日行っていますか?
異音や油漏れ等の早期発見につながります。生産現場では、さまざまな機器がありますが、ここでは不可欠な空気圧縮機(コンプレッサー)とモーターを挙げてみました。ポンプやホイストなどの機器・設備などもお気軽にお問合せください。

コンプレッサー モーター

これらの症状が出る前に、早期のオーバーホールをオススメします

イラストそのまま使い続けると、機器そのものの破損ばかりでなく、火災の原因にもなります。
早期のオーバーホールは、機器の寿命を延ばす利点と、余計な修理費用を削減するためにも、定期的なオーバーホールをオススメします。

コンプレッサー

異音・振動がする
  • 1.Vベルトの磨耗・劣化・張力低下によって起動時、運転中に異音がする。
    そのまま使い続けるとベルト切れ、プーリーの磨耗につながります。
  • 2.モーターベアリング、圧縮機ベアリング磨耗による異音又は振動。
    そのまま使い続けるとベアリング破損によりモータ・圧縮機のロック又は破損・焼損します
TOPへ戻る
吐出温度が高い
  • 周囲温度が40℃以下でない。オイルが規定量充填されていない。オイルクーラー・オイルフィルター等が汚れによって詰まっている。
    上記内容が充たされていない場合は全て吐出温度異常につながります。
TOPへ戻る
圧力のくみ上げが悪い
  • 1.吸込みフィルターの目詰まりによる昇圧不良、吐出空気量の低下
    →吸込みフィルターの掃除、交換。
  • 2.コンプレッサー内でのエアー漏れ、末端でのエアー漏れ。
    →コンプレッサー出口のバルブを閉じで設定値まで昇圧すれば正常です。
    設定値まで昇圧なければ容量制御系の不良です。
TOPへ戻る
オイルの消費が早い
  • オイルセパレータエレメントが詰っているか、オイル回収配管系統の詰りが考えられます。
TOPへ戻る
吐出エアーに水が混じっている
  • 1.ドライヤーの冷却系の目詰まりによる冷却不足。
    →詰まっている箇所を清掃する。
  • 2.ドレントラップの排出不良により水が混じってしまう。
    →ドレントラップを交換します。
TOPへ戻る

モーター

異常音がする
  • ベアリング周辺の不良が考えられます。ベアリングの取替えとオーバーホールが必要です。
TOPへ戻る
振動が激しい
  • 回転子のバランス不良あるいはベアリング周辺の不良が考えられます。
    バランス調整かオーバーホールが必要です。
TOPへ戻る
異常に熱くなる
  • コイルの劣化が考えられます。コイルの巻替えを行う必要があります。
TOPへ戻る
モーターは油汚れしていませんか?
  • 油汚れしていると、絶縁不良が発生する恐れがあります。洗浄と乾燥を行い、コイルの焼損を未然に防ぎましょう。
TOPへ戻る
長時間使用していませんか?
  • オーバーホールせずに長時間の使用はモーターの寿命を縮める原因になります。
    定期的なオーバーホールを行い、コイルとベアリング周辺をご確認ください。使用する頻度によってメンテナンス期間は変わります。
TOPへ戻る
異臭はしていませんか?
  • 異臭がしていると、近日中にモーターが止まる可能性があります。また火災が発生する恐れもあり大変危険です。
TOPへ戻る
絶縁低下していませんか?
  • 絶縁低下すると、コイル焼損による火災発生の恐れがあります。
TOPへ戻る
整流子面が傷んでいませんか?
  • 整流子面が傷んでいるとスパークによるコイル焼損が発生する恐れがあります。整流子面を削正する必要があります。
TOPへ戻る
カーボンブラシの減りは早くないですか?
  • カーボンブラシ粉による絶縁不良を発生させる恐れがあります。
TOPへ戻る

Copyright(C) Keiden Co., Ltd. 2006-2017 All Right Reverved.