産業機器・工場設備

保守点検のオススメ

定期的な点検はなぜ必要?

定期的な保守点検やオーバーホールは、設備の経年劣化をカバーするとともに、突発事故を未然に防ぎ、大切な設備の長寿命化を実現します。
また、不具合箇所の早期発見ににより無駄な維持費が削減できます。

製品サイクル

点検時間の目安

 定期点検オーバーホールリニューアル
ポンプ半年〜1年5〜6年10〜15年
圧縮機 *16,000時間・1年4〜8年12〜16年
クレーン *2月例・年次5年10年
モートル *31〜2年5〜10年15〜20年

*1 日立油冷式スクリュー圧縮機の場合
*2 定期点検時期は「クレーン等安全規則(労働省令34号)
*3 (社)日本電機工業会(JEMA)資料

保守メンテナンスのメリット

製造ライン等お客様の設備の停止時間を最小限にとどめます。
契約のお客様には、最優先でサービス対応させていただきます。

主な定期点検対象製品

ベビコン ポンプ ホイスト IJP
空気圧縮機・
ベビコン
ポンプ ホイスト・
モートルブロック
インクジェット
プリンタ(IJP)
ご相談・ご依頼はこちらへ

Copyright(C) Keiden Co., Ltd. 2006-2017 All Right Reverved.